LIFE is medaka

大人になりきれない僕と、大人な女性とはほど遠くオタク一直線の娘の、かなり変わった父子家庭な日常を、僕の描くイラストや写真と共に赤裸々に綴いくブログ。

シネマさんぽ〜Reboot of Trilogy

1999年に公開された1作目は社会現象にもなり、映像革命という大きな衝撃と共に公開された🎬

 

2003年に続編2作品が公開🎥

 

3部作での完結を迎え20年という沈黙があって、2021年・・・復活となる公開🎬

 

 

THE MATRIX RESURECTIONS』

 

f:id:illust_and_meda0301:20211220191006j:image

 

マトリックス レザレクションズ

 

 

前3部作を見直してからとも考えたものの年末で見直してる時間もなさそうで、情報も入れずに復活したマトリックスという世界に飛び込んできました( ^ω^ )

 

 

※前3部作は観て行ったほうが登場人物の繋がりも再確認できて良かったはずd( ̄  ̄)

※この先はネタバレも含めて載せてますので、読みたくない人は読まないことをお勧めします。

 

 

懐かしい始まり

新たな登場人物

 

トリニティ!?

 

ん!?

 

展開が・・・違うし誰??

 

 

新たな登場人物も巻き込んでマトリックスという物語の始まりが展開していくオープニングで、展開が読めない(・_・;

 

 

エージェントととの戦い

展開されていく冒頭

 

 

トーマス・アンダーソン

大人気ゲーム『マトリックス

 

 

開発した人物🖥

 

 

前作までの記憶はないように感じる姿で、会議の場で『マトリックス』の新作の製作に関する話が展開していくd( ̄  ̄)

 

 

上司との関係

同僚との繋がり

 

精神疾患がありセラピーに通う

 

 

一方で救世主であるネオを探すバックス・・・トーマス・アンダーソンをビルで見たことで現実世界に目覚めネオを探すd( ̄  ̄)

 

 

バックス vs エージェント

鍵屋に逃げ込むバックス

エージェントに助けられる

 

 

体格がいい・・・ん??・・・別人??

 

 

モーフィアス??

 

 

赤いピル💊←真実に辿り着くことができる薬

青いピル💊←これまで通りの日常に留まる薬

 

 

モーフィアスがプログラムであるエージェントととして若返った姿で登場し再びネオを導いていくことに( ^ω^ )←当然赤いピルを選択💊

 

 

トーマス・アンダーソン/ネオ

 

自分の戦い=ゲーム世界

新しい人生を歩んでいる

 

 

トリニティ/ティファニー

 

家庭を持ち

3人の子の母

バイク好きは変わらず

新しい人生にいる

 

 

宿敵スミス

トーマス・アンダーソン

働くゲーム会社の社長

生きている

 

 

それぞれに前作までの記憶をリセットされている感じで、関係性もそれぞれに違う場所で生活をしている(・・;)

 

 

ようは1作目として観てみて(笑)

 

 

トーマス・アンダーソンが通うセラピーで処方されてる薬・・・青いピル・・・日常にとどめるために処方されてる??

 

 

ネオを追う展開

懐かしく展開

 

1作目と同じくネオを目覚めさせようとする展開

 

懐かしいセリフ

カンフー対決

展開していく

 

 

飛べないネオはただのゲーム開発者でしかないのでしょうが、飛ぼうとするトーマス・アンダーソンに赤い薬を飲まして覚醒させるd( ̄  ̄)

ネオは自らもたらせた平和が続かず、電力不足になり機械同士の戦争も勃発し、人間の都市ザイオンでも戦いが起こった世界を知る(・_・;

 

 

新都市アイオ

指導者と会う

 

 

ナイオビが指導者として人の生活と機械との関わりも、プログラムの存在も生かす場所として存在していて、さまざまな植物も現実に生かせるようにしている🍓←美味しそうなイチゴでした

 

 

トリニティを救出したいネオ

人々を守りたいナイオビ

 

 

ナイオビの反対を無視してでもトリニティの救出へと向かうネオ、バックス、モーフィアス・・・達d( ̄  ̄)

 

 

ネオ vs スミス

 

 

スミスの助言はネオには届かないのは当然といえば当然だけども、裏で全てを操っているのは・・・アナリスト!(◎_◎;)←まーそうよね青い薬を処方してるし

 

 

アナリスト vs ネオ

 

 

バレット・タイムも操るアナリストに翻弄され、何もできないままに、その場を離れるしかない展開となる(−_−;)

 

 

特別版劇場用パンフレットf:id:illust_and_meda0301:20211220191030j:image

 

今回のパンフレットはそれぞれに内容が違うという、2冊とも買ってしまうという購買意欲をそそる内容となってますd( ̄  ̄)←ようは買ったということ

 

通常版劇場用パンフレットf:id:illust_and_meda0301:20211220191049j:image

 

 

シーンの撮り方

台詞

 

細かな動き

アクション

 

 

オマージュも多くって見落とさないようにと観てみても逃してるはずってくらいに、作り込んであるd( ̄  ̄)

 

 

映像

言葉

 

 

物語

 

 

物語の最初からチラッとチラッと登場し、気になっていた女性・・・サティ・・・密かにネオを見守ってきていた彼女には秘策があった🤭

サティは3作目に登場していた女の子で大人となった彼女が、登場して活躍する展開は嬉しい( ^ω^ )

 

 

トリニティの選択

夢ではない現実

 

 

救出作戦が展開

 

 

アナリスト vs ネオ

アナリスト vs スミス

 

 

前作までの敵との共闘

 

 

ネオが自由になったことでスミスはプログラムの支配を逃れ、自由に行動することができるようになっていたことで共闘となる。

アナリストはネオとトリニティを支配することに注力するあまり、スミスの存在を軽くしか考えてなかったと思われる。

 

 

駆けるバイク🏍

バイクアクションの迫力

 

大量の弾丸

落ちる薬莢

 

 

弾を止めるネオ

 

 

ネオが信じるトリニティの選択で物語が展開していくのですが、最後まで飛べないネオは救世主としての覚醒はしないのか!?

 

 

覚醒するのはトリニティ

 

 

今作はトリニティの覚醒と選択が物語の大きな鍵となっていて、飛べないネオを助ける飛んだトリニティで2人の救世主によりマトリックスという世界と物語は再編されていく( ^ω^ )

 

アナリスト vs トリニティ

 

トリニティにボコボコにされては、リセットを繰り返すという無残な状況になりつつ👊

 

 

『交渉に来たのではない』

『2回目(another chance)』

機会に感謝

 

 

この後って・・・続編を作るの??←もう・・・これで終わっていいという気になる『キャットリッククス』というね(^◇^;)

 

 

f:id:illust_and_meda0301:20211220191110j:image

 

パパ、ママへ

全ては愛から始まる

 

f:id:illust_and_meda0301:20211220191125j:image

 

 

懐かしさと新しさもありながら・・・4作目まで作られた作品の存在を楽しめた『マトリックス』でした🎬