LIFE is medaka

閏年を超えて50歳を迎えた僕と、大人な女性とはほど遠くオタク一直線の娘の、かなり変わった父子家庭な日常を、僕の描くイラストや写真と共に赤裸々に綴いくブログ。

歴史を感じる景色

シーモール下関

靴の購入👟

 

https://illust-and-meda0301.hatenablog.com/entry/2024/06/14/205705

 

帰りながら水族館の横を通っていく🐬

 

娘からの水族館に行きたいという苦情も聞きつつ帰ることに変わりなく

 

関門トンネル(人道)

 

駐車場に車を停めて壇ノ浦古戦場の周辺を歩く

※北九州には渡ってません🚶

 

 

海を望む景色f:id:illust_and_meda0301:20240619094158j:image

 

1185年(寿永4年)に、源氏と平家の最後の合戦「壇之浦の戦い」が起きました。合戦の地は「早鞆の瀬戸」とも言われ、関門海峡の幅が最も狭く潮の流れが激しい場所となっている

 

 

f:id:illust_and_meda0301:20240620225349j:image

 

 

設置されてるものとともに歴史を感じる

 

 

義経の八艘飛びf:id:illust_and_meda0301:20240620225419j:image

 

源義経平知盛両雄の像とともに、安徳帝御入水之処碑が配置されており、海峡の激しい潮流を背景に源平最後の合戦に思いをはせることができます。

 

f:id:illust_and_meda0301:20240620225615j:image知盛の迫力

 

 

素晴らしい風景が広がってます( ^ω^ )

 

 

みのすそ川橋f:id:illust_and_meda0301:20240619132849j:image

 

平家の敗戦を覚悟した二位の尼は、わずか8歳の安徳天皇を抱き壇之浦の海へ入水しました。この時二位の尼が読んだ辞世の歌から「みもすそ川」という地名が生じたといわれています。

 

『今ぞ知る 身もすそ川の 御ながれ 波の下にもみやこありとは』

 

 

壇ノ浦コーストを歩いて関門橋の真下まで🚶

 

関門橋f:id:illust_and_meda0301:20240619132913j:image

 

関門海峡に架かり本州と九州を繋ぐ関門橋は全長1068mの吊り橋で、僕が生まれる前年1973年(昭和48年)の開通時は東洋一の長さだったらしい

関門橋は高速道路の為徒歩では渡れません

 

真下からの景色f:id:illust_and_meda0301:20240619132953j:image

 

 

下関にきても車を停めての撮影をしてきてなかったので久しぶりにきた場所が多い(・_・;

 

 

長州砲(八十斤加農砲·天保製長州砲) 展示

 

f:id:illust_and_meda0301:20240620225857j:image

 

海峡に向かって並んだ長州砲の原寸大レプリカ

5門のうち真ん中の1門は100円を入れると発射音と煙の吹き出す演出を楽しめます💨

 

 

どーーーん!!f:id:illust_and_meda0301:20240621083445j:image

 

 

座れる休憩所にも砲台が設置されてる

f:id:illust_and_meda0301:20240620230056j:image

此処で推し活!?

橘真琴いきまーすf:id:illust_and_meda0301:20240620230113j:image

 

 

素通りすることが多い壇ノ浦からの景色を堪能できて、行って良かったと思った下関でした💥

 

 

少しの時間での散歩f:id:illust_and_meda0301:20240621083508j:image

 

 

関門橋を離れて帰り道に行きたいとこには寄りつつ帰っていくのでしたd( ̄  ̄)

 

ドンキホーテ下関 長府店

ゆめタウン長府店

 

コンビニ

 

買い物もしつつ帰宅となった先日の親子の旅🏠