LIFE is medaka

大人になりきれない僕と、ハタチになってもオタク一直線の娘の、かなり変わった父子家庭な日常を、僕の描くイラストや写真と共に赤裸々に綴いくブログ。

シネマさんぽ〜終わらない縁が紡ぐ物語

ーこれで終わる

ここから始まるー

 

 

2ヶ月連続公開となる最終章ですが、コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い映画館が休館したりで、2作品が同時に観れるという6月となってます🎬

 

 

『RUROUNI KENSHIN』

 

f:id:illust_and_meda0301:20210614162818j:image

 

ALL FOR THE FUTURE

 

 

1864年

 

 

動乱の幕末。刀を持つものは徳川幕府倒幕派とに分かれて激しく戦っていた。

 

 

※ネタバレしかない内容となっておりますので、お気をつけくださいm(_ _)m

 

 

捕縛され尋問されている男・・・頬に十字傷はまだなく、顔も名前もバレることなく暗躍して人を斬る男・・・緋村 抜刀斎

 

縄で腕を固められながら体術で戦い、口に刀を咥えて斬っていく。手に握り直してからのキレのいい動きと血飛沫にグッと緊張感が高まる(・_・;

 

 

新撰組

 

 

近藤 勇

土方 歳三

 

斎藤 一

沖田 総司

現場検証

登場

 

 

夜の帳が下り暗躍する緋村 抜刀斎・・・京都所司代である重蔵 十兵衛の暗殺・・・ここで護衛である清里 明良も斬殺(ーー;)

 

剣技で圧倒

斬り捨てる

 

 

『まだ死ねない。』

『俺には大事な人がいる』

 

 

生きることへの執念が剣技を上回り最後の一太刀が抜刀斎の頬に傷をつける。

 

 

歴史上の人物

 

歴史上の出来事

 

 

存在しないはずの人

 

 

今までの作品よりも史実の展開と人物とともに同じ時を過ごして行くことを感じながらで、繋がりの違和感も楽しみながら( ^ω^ )

 

 

ある夜🌙

 

 

酒処で飲む抜刀斎

そこへ1人の女性

 

 

キレイな立ち姿で原作やアニメでの姿が、そのままに観えて雰囲気もそのままに一気に引き込まれる( ^ω^ )

 

 

似非志士の男2人が女性に絡み、抜刀斎が助け・・・店を後にする。

 

 

何者かによる襲撃

返り討ちに斬り

 

振り返る

そこに助けた女性が・・・

 

 

『惨殺事件の後などの例えで血の雨が降るといいますが、あなたは本当に血の雨を降らすのですね』

 

 

血で染まった顔

赤く染まった着物

 

 

倒れる。

 

 

緋村たち長州の志士たちが寝泊まりす旅館に連れて帰り介抱を仲居さんに頼み寝かせ翌朝・・・仲居として働き始めた女性の名は・・・巴という。

 

 

人斬り

暗殺

 

 

長州志士である桂 小五郎

指示で暗躍

 

そんな人斬りのもとに現れた巴

 

無表情

礼儀正しく

 

読み書きができ

所作も素晴らしい

 

 

言葉から京女ではない巴との旅宿での生活の中で徐々に変化し、人前でも眠るようにもなる抜刀斎としての緋村💤

 

 

『私が刀を持てば私も殺しますか??』

 

答えがでたら教えてくだいと巴

 

『平和のための戦いなど本当にあるのか』

 

 

『時代を進めるためには、誰かが太刀を振らねばならない・・・たまたま拙者だっただけのこと』と緋村

 

 

新撰組

池田屋 襲撃

変わる風向き

 

 

緋村 抜刀斎vs沖田 総司

 

 

病を抱えての沖田総司の剣技と緋村の速さが、カッコいいのだが今までの派手さではなく魅せる戦いd( ̄  ̄)

 

 

禁門の変

長州藩は敗北

 

 

桂 小五郎は身を隠すこととなり、緋村を巴に任せるかたちで京の外れの農村へと身を隠し、2人で生活をはじめる

 

 

土の臭い

作物の実り

 

 

育まれる愛

 

 

綴られていく日記に書かれていく巴の気持ちの変化も感じられながら、物語は十字傷の謎を紐解く最後へとつながっていく(・_・;

 

f:id:illust_and_meda0301:20210614163012j:image

 

派手な展開は少ないのですが、人斬り抜刀斎の物語なだけにとにかく血飛沫と惨殺されるシーンがしっかり描かれていく

 

 

巴の感情

複雑に描かれ

丁寧に進む

 

 

暗躍する政府直属の暗殺集団『闇乃武』

巴の弟である縁の今

 

 

語られる巴の生い立ち、京での動乱でで失った許嫁のこと・・・

 

 

『新時代が訪れたその時は、君が1度失った幸せを今度こそ僕が守り抜いてみせる』

 

 

その言葉

抱き締める想い

セツナイ

 

 

愛が繋がった翌朝に巴は小刀を持って家を出ていく

 

 

狙われる緋村の命

巴の想い

 

 

巴の想いとは裏腹に巴が内通者だったという情報から、精神的にも肉体的にも追い込まれていく展開で、それぞれの愛や想いが交錯していく(ーー;)

 

 

爆音で聴力を奪われ

砂塵により視力を奪われ

 

ボロボロ

到着(・_・;

 

なにも反応できない中

最終決戦が始まる

 

 

f:id:illust_and_meda0301:20210614163130j:image

 

 

緋村抜刀斎vs闇乃武の頭領 辰巳

 

 

追い込まれていく緋村

 

相手との距離

届かない刀

一方的な展開

 

フラフラと立つ緋村

 

 

最後の最期となるように構えられた刀と刀の間に捕まえる形で動きを止めさせる巴と同時に振り下ろされる緋村の刀・・・

 

 

斬った手応え

取り戻す視界

 

 

流れる巴の血と雪と着物の白が・・・小刀を手に左頬に刃先・・・その手の添える緋村の手に愛を感じる

 

 

『ごめんね・・・あなた』

 

 

左頬に十字傷が出血とともに浮かぶ。

 

 

桂小五郎

緋村抜刀斎

見る平和

 

 

動乱の儚さや歴史のうねりの中で、緋村抜刀斎という架空の人物の存在が歴史を新しい時代へと動かしていくd( ̄  ̄)

 

 

寝かされた巴

燃え上がる家

 

 

背を向け向かう未来

 

 

戊辰戦争

鳥羽伏見の戦い

 

 

1868年へと時代がつながり第1作目の冒頭のシーンとなる( ^ω^ )

 

 

10年前の作品

違和感がない

凄いと感じる

 

 

緋村抜刀斎が再び京都に姿を現すのはさらに10年後となる。

 

 

るろうに剣心』最終章

 

f:id:illust_and_meda0301:20210614163232j:image

 

The Beginning

 

 

また最初っから観たくなるし、もっというなら『るろうに剣心 最終章  The Final』を公開中に再び観たくなる🎬

これは延々と観て繋げたくたる物語になってるということが分かりワクワクする( ^ω^ )

 

 

るろうに剣心 最終章  The Final』https://illust-and-meda0301.hatenablog.com/entry/2021/04/28/172309

 

 

f:id:illust_and_meda0301:20210614162910j:image

 

 

グッズ

購入

 

 

f:id:illust_and_meda0301:20210614163609j:image

 

クリアファイル


f:id:illust_and_meda0301:20210614163602j:image


f:id:illust_and_meda0301:20210614163605j:image

 

 

場面写真が素敵で悩んだ末に購入したのですが、るろうに剣心 X EDITION(特別版プログラム)は売り切れで買えず(-。-;←通販を計画中

 

 

f:id:illust_and_meda0301:20210614164050j:image

 

 

10年で完結を迎えた5作品の繋がりと、終わりであり始まりとなる作品*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*